読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合縁奇縁

ただの勢い。色々ランダムに思ったことだけ書いてます。ご了承ください。

中年女がV6メンバーへファンレターを送ってみたいが腰が引けてる件

それはまだ私が20代後半だったころのことである。

育児に追われ、義理の家族からも凸られまくり、

しかも旦那はまだペーペーの仕事ばっかりだがお金ナッシング。という状況でした。

日本から送られてきた(または近隣に住む日本人奥様から録画していただいた

Music jump)を

見ては、はぁーーーーとため息ばかりついてた頃です。

唯一あったのは、旦那の仕事の都合でそろえたPCとインターネット。

もちろん回線は電話回線。プロバイダーも1種しかなく、

よければ5桁のスピードでしたがほとんどが4桁。

単純に田舎だったんで、それだけ種類もなかったってことですが、

当時はまだWin95で日本語のやり取りすらろくすっぽ出来なかった時代です。

ああ、ファンレターを出してみたいっ。

しかし、ジャニーズタレントなんぞそれほど知らず、

知っていたとしても、

 

チケットを取るのは大変。

原宿にはオフィシャル写真が手に入る夢のようなジャニーズショップがある。

昔からのハードロック友達がV6のなんかのイベントに行き、

「すげえむかつくんだよ。誰だかしんないけど、(写真)撮らないでくださーい。
とか、押さないでくださーい。って注意されんの。

オマエラ警備員かよって。うるさいっつーの」というような愚痴。

日本にいた頃偶然知り合った友人が某横浜の巨大ディスコ(死語)の常連+

経営者と顔見知りで、Vipに入ってきた某ローラースケート履いてた人のトップと

ちょこっと遊んだらしいんだけども、すごい五月蠅くてエラソーで

こいつさいてーと思った。

 

というような真っ黒い話しか知らなかったので、

本気で自分がジャニーズファンになると思わず、

ファンレターを出そうなんてとんでもないっす。

書く時間ももったいない。ついでに送料もかかるし。と思っていたのです。

 

時代は流れ、それなりの回線の速さにもなり、

日本でもインターネットがそれなりに使われるようになってきました。

だがしかし、ジャニーズはやはり時代にはついていけなかった様子。

オフィシャルサイトなんて当然ないし、日本のファンの皆様も保守的で、

今のようにファンレターの書き方を伝授しているところは何一つありませんでしたし、

検索もウェブサイトも今のような検索エンジンがあるわけでもなし、

ともかく、限定された情報しか手に入らなかったのです。

 

しかし、インターネットの活躍はワタクシにとってはかなり影響がありまして、

ひょんなことから、別のタレントさんとネット上で知り合いになれたんです。

実はこのタレントさんには、渡米する前ですが、もうテレビで見れなくなると

思うと寂しくて仕方ないです。というようなファンレターを送ったことがあり

(もちろん返信用の封筒に切手バッチリ張っておきました)、

返事をいただいたことがあったんです。コピーでしたが。

そんなような話をメールでやり取りしたんですけど、

「コピー代も自腹で凄い時には月に100通くらい来ちゃったから、

お金もなくなっちゃって結局全員には返事出せなかったんですよ」

と教えてくださいました。ひゃああああああああ。

 

そ、そういえば、小学生のころ、藤子不二雄にファンレターを出したら、

2年連続で「今年もよろしくね」とドラえもんその他のキャラがプリントされた

年賀状が来てたっけっ!!!!!

いつの間にか来なくなったと思ったら、こういう事情だったのかーっ。

と変なことまで思い出し、

そういえば、光ゲンジがピークだったころは、トラックでバレンタインデーの

チョコレートが郵送されてきて、寄付しただのなんだのとトップテンで言っていた。

ジャニーズになんてファンレター出しても、読む訳ねぇなぁ。

とまた断念。

 

そして、V6が20周年ですよっ。みなさんっ。

やっぱりどこかで自分の感謝の意を伝えたいというところがあるんでしょうね。

ググってみるとまー出てくる出てくる。

だがしかし、そこにはどうやって目立つ、読まれるかを中心にした物しかなく、

肝心のどこへ送ったらいいのか。というところはほとんどボカされているのです。

とにかく、ファンレターを送れる事実はわかった。

だが、どこへ送れば??????。

あるところでは、オフィシャルページへの直リンクは禁止されてるので調べてください。と書かれていたり、

あるところでは、「ファンレターに自分の電話番号やメールアドレスを書くのは禁止です」*1

と書かれておりました。

その記事が書かれていた当時の規約だったのかも知れませんし、

そういったことを書いた主さんに何も不平も不満もありませんが、

とにかく、情報があやふやすぎる。

そう思い、今現在のオフィシャルページをくまなく探してみました。

 

わかりづらい。非常にわかりづらいです。

特に、ファミリークラブ会員ではない人にとってはわかりづらいです。

johnnys-net.jp/page?id=jfcAbout*2

一番下にちょろんと書いてあるところがファンレターの宛先。

ファミリークラブのメンバーでなくとも送ることができるし、

渋谷の事務所に直接渡しに行くことも可能です。

ルールとしては、物品・現金・その他「手紙」以外の物は、

破棄されるとか、本人の手には渡りません。ってことくらいでしょうか*3

 

これで外国在住の人でも気兼ねなくファンレター出せるねっ!

といったところで、ワタクシが出すか出さないかは別問題なんですけどねっ!

もうね、自分で手紙なんて書いたのなんて5年くらい前に

母親に書いて以来書いてないし、

筆不精だし、字も汚いし、ワードで打った物をプリントアウトして

出すのもなんなんだしねっ!

ファンレターの内容を考えるのに数か月。

そしてそれを清書するのに何か月もかかるとしたら、

運よく読まれても、23周年とかになってんじゃねーかと思うので、

さらに腰が引けています。

*1:すみません。URLとかどこのページだかも忘れました。

*2:規約を読んだところ、無断リンクはすんな。と書かれていたので無断リンクではなくコピペしてみました。

*3:しかしこのメールアドレスや電話番号を書いちゃいけないって誰が言い出したんだ?これだけは気になる。