読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合縁奇縁

ただの勢い。色々ランダムに思ったことだけ書いてます。ご了承ください。

V6 アルバム「Volume 6」

(以下、発売後に書かれたレビューの過去記事です。)

 

最後のボーナストラック、ShodoのRemixは抜きとして、

全体的に非常にスムースに曲が流れるところが気持ち良い。

前回*1のアルバムの様に、曲調が激変することもなく
あったとしても、いずれも、V6らしい曲で
それを補いつつ、びっくりするような変調は全体に感じられないアルバム。

 

ぶっちゃけて書いちゃえば、
他のアルバムより、私のツボを押さえた曲が多かったって
だけの話なんですが・・・・・。

 

スケジュールパンパンでテンパッているメンバーの
やってやろうぜ根性が良くでたのか。
ラップは最高、歌のコンディションも微妙に絡み合っていて、
新しい世紀に向けての新しいジャンルへの試みと言っても、
過言ではなかろうか。

ミミセン*2を通じて、アイドルファンだけじゃなく、
色々な音楽ジャンルを聞く人にも注目された、
という理由もあるのだろうが、
今までのように、こういう曲!という決め付けが
あまり見当たらないアルバムだった。

シングルに入ってる曲にはそういう曲も
無きにしもあらずだったが、ここまで
音楽性に注目したというのは、今回がはじめてだったのでは?。

古くからハードロックファンの某友人(そして、剛ファンである)は
このアルバムを絶賛しており、
同じジャンルをたどってきた私としても、
かなり絶賛しているわけです。

そして、夏をイメージする曲が多いといわれてるけど、
私自身は、夏というより、コンサートで弾けてぇ。
口パクでもなく、音程ずれても、息切れちゃっても、
失敗しても、コンサートで生で聞いてみたい!!!!
と初めて思ったアルバム。

もし、V6のシングル曲にこだわりを持つ人、
そして、しっとりしたV6を好きな人には、
このアルバムは薦められないかもしれない。

*1:Happy2000年発売

*2:カミセンがパンクバンドに挑戦した番組。2001年TBSで放送。